たちばな

                   
ひっさびさに、めっちゃくちゃ面白い本に出会ってしまった!
久しく感じていなかった、本を読んでるときのワクワクドキドキがすごい!
え〜すごい面白い……

Check this out: 星を継ぐもの (創元SF文庫) 東京創元社 https://www.amazon.co.jp/dp/448866301X/ref=cm_sw_r_sms_awdb_Jlk.yb6K27NT5
読書ぼやき / comments(0) / -
学生の時、やはり暇なので、今よりもずっと多くの時間を読書に費やしていた。
一体何冊読んだのか?ブログに感想を書いてはいたけど、多分読んだもの全てを記録してはいないと思う。

そのたくさん読んだものの中でも、ずっと好きで今でもよく手に取るもの、タイトルだけ覚えているもの、読んだことさえも記憶にないもの。江國香織の『きらきらひかる』なんかは短いし薄くて軽いので通勤にもぴったり。一番読む返している本だと思う。あと作家買いしていた伊坂幸太郎。今でも買ってる。けど、積ん読してるものや、漏れがあるなあ…でもやっぱり今でも好きです。

ただ、今回は好きな小説の話ではなく、逆の意味で印象に残った小説を読もう!という話。というか、企画?決心?

まず一回目はこれです。

ナラタージュ http://www.amazon.co.jp/dp/404873590X/ref=cm_sw_r_tw_n_awdl_CTIKxbJ0HQR13

はい。
ちょうど10年前に読んでいて、その時の記事も残ってる。

ナラタージュ*島本 理生 http://samurai-girl.jugem.jp/?eid=145

すっげえキレてる…(爆笑

記憶にも残ってるんだけど、とにかく今まで読んだ小説でこんなに怒りを覚えたのは初めてだったな〜内容はあんま覚えてない。程度の記憶。

さ〜て、10年後の今読むとどうなるんですかね?!キレないで読了できるかな

とりあえず、文庫版を買ってきたので、頑張って読むぞ。
もう400ページあるってだけでげんなりしてますけど…

感想は読んでから書きます。
読書ぼやき / comments(0) / -
三浦しをん『政と源』

久し振りに一般文芸小説を読んだ気がするけど、もう思うところあったり幸せが嬉しかったりで大号泣しながら読みました。

73歳老人男性二人と二人の周辺の人々を描いた作品。適当なところもあるけど人好きのするつまみ簪職人の源さんと、元銀行マンで仕事人間だったから家族と没交渉でプライドが高い政さんの死に際かもしれないけど日常生活のお話。
続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)
娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)

相変わらずときめかされました…ときめきが過ぎて心がえぐられるレベルでした。醇せんせい…
読書ぼやき / comments(0) / -


AVライター雨宮まみさんの学生時代から30代の今までを綴った自伝です。
「人には言ったことないけど、このコンプレックスめっちゃ分かる!!!」と思ったり、「この作者ぶっとんでんな…」と感じたり。「女性であること」にコンプレックスまみれなのですが、自分のもやもやを言語化して分析してくれてちょっとすっきりしました。
読書ぼやき / comments(0) / -
ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)
ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)

図書館で適当に借りたけど、超面白かったです。

先のために今を耐えよう思想が強い私ですが、あるかも分からぬ桃源郷のために今をしんどく過ごすのは勿体ないと思いました。短い人生、今を楽しむのだ!詩人オマル・ハイヤームの鋭い視線、考え方が大好きです。おすすめ!
読書ぼやき / comments(0) / -
試着室で思い出したら、本気の恋だと思う試着室で思い出したら、本気の恋だと思う

LUMINEのコピーを書いてる方の本。タイトルからしてキュンキュンですよね!!

『オデュッセイア』が何千年も残る本なら、これは今読まないともったいない本です。今の時代に流れている文脈で読ませる感は、今じゃないと楽しめない。お話は中の上くらいの連作短編小説です。面白かったけど、やっぱりこの方はキャッチコピーが卓越していると思います。
読書ぼやき / comments(0) / -
ホメロス オデュッセイア〈上〉 (岩波文庫)ホメロス オデュッセイア〈上〉 (岩波文庫)

価値観違う世界を見るのって本当に面白いです。
表現が仰々しいところも、文化が違うのも楽しめました。そしてアテネ女神とヘルメスくんのファンになりました!

ヨーロッパ人の思想の背景とか知ろうと思って読み始めたんですが、普通に面白かったです。
読書ぼやき / comments(0) / -
NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)

とうとう最後まで読みました。ネタバレ注意。
続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
ミーハー心こそ外国語習得の鍵と思っていますので、有川浩『図書館内乱』を使って韓国語学習を再開させました。毎日10分音読して、音読力強化するのが目標です(あわよくば語彙も増やす)。なんで『図書館内乱』かというと、韓国語版をこれだけ持ってるからです。今のとこ5日続いていて、3ページまで進みました。そういうペースです。

対訳として日本語版を傍らにおいているので、継続しやすいですね!こないだ日本語版に熱中して危機、革命、別冊兇泙覇匹瀛屬靴討靴泙い泙靴燭韻鼻やっぱり有川浩はドストライクだと改めて思いました。

堂上教官!
読書ぼやき / comments(0) / -
/ 1/24 / >>