たちばな

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
・ナミヤ雑貨店
感動系かと思いきや、そこまで泣け泣けという演出もなく、不思議な映画でした。 時系列がごちゃごちゃで登場人物の関係性が繋がり過ぎていて、「???」となるところもあったっちゃ、あった。林遣都の話終わった後に、尾野真千子の話やるのはボリュームがあり過ぎじゃない?という感じもあったけど、最後は綺麗にまとまっていたような。
見終わったあと、誰かに手紙を書きたくなりました。


・HiGH & LOWシリーズ
1→ドラマ→1→レッドレイン→2→∞
って感じで楽しんでます!はやく3を見たい!


・君の名は
去年ちゃんと映画館でみました!しかも公開日に!
普通に面白かった。もう一回見たいな〜

・ズートピア
いや、すっっっごい作品だな!アナ雪もすごかったけど、これはそれを越えていて、もうすっっっごい。


・シン・ゴジラ
面白いし、ゴジラが暴れてるシーン以外は個人的にノーストレスで観れるので連続で観てしまった。でも映画館でみたらショック受けそうだと思ったので(ゴジラが夜の東京を火の海にする流れとか)、映画館で見なくてよかったです。

こう考えると2016年映画は面白かった…
映画ぼやき / comments(0) / -
・007 慰めの報酬
ちょっと前に見たんだけど、ボンドを迎えに来た女の人の格好(トレンチコート)がすごく良かったなあと思いました。
・ドクターストレンジ
小さい画面の2Dで見たからなのか…あの、つまらなかったです…なんだこれは…かんばーばっちと賢者の石か…??
・貞子vs伽倻子
エイリアンvsプレデターが地味に好きで、テレビやってるとつい見ちゃうんだけど、これも同じような貞子と伽倻子のガチバトルを期待してたんだけど、そんなバトルしてなくて残念だった…もっと掴み合いの喧嘩とかしてほしい……あと最後決着つかなかったのも残念…どっちか倒されたとみせかけて、次回に繋げるというのでもアリだったのでは?混ざったらあかんやろ…君たち怨霊としてのプライドはないのか…??
怖いシーンは3倍速ぐらいでとばしたんで、画面からダメージは受けてないのだけど、伽倻子の成り立ち(?)があまりにエグくて、そっちの方が怖い…やはり怖いのは人間…
・007 スペクター
じ、辞職した……………………うそやん…ダニエルのボンドにはもう会えないの…………???ショックが大きすぎるんですけど……………
あと、敵役はやはりマッツが…マッツが癖ありすぎて彼が一番印象的な敵役だったな………
ただ、スカイフォール見たの結構前だからあんま覚えてないんだよ…また見よ…
映画ぼやき / comments(0) / -
・華麗なるギャツビー
村上春樹の訳を読み進めていたけど、いまいち時代の雰囲気とかが掴めなかったので、映画でどんな感じか把握したかった。
ああ!これはバズ・ラーマンやったんや!と始まってから気づいた。独特の映像美、テンポ…ムーランルージュ見返したい。
ジョーダンが美しすぎる。
1人の女性(と、その女性と過ごすはずだった、これから過ごすだろう一生)に囚われた、男の話、という認識でいいんだろうか?結局報われないんだけど(いや、当の本人にとっては報われたエンド?)、虚しさより、いっそ清々しさを感じたのは何故だろう?
翻訳の方も読み終わったんだけど、村上春樹だからなのか、やっぱ面白くて、わからん部分もあるから、はやく読み返したい。
何度か読み返して、自分で消化したら、もう一度この映画を見たい。


・アデル
過激な描写が売りになってたけど、全然そんなことないよ〜
人が恋に落ちて、その恋が終わって、自分の中ですとんと納得するまでを、とーっても丁寧に描いてくれている作品。
3時間近くして、長いやん!って思ったけど、飽きたり中だるみしたシーンはゼロでした。それくらい面白い。
いや、これは見た方がいいです。

・007カジノロワイヤル
ちょ〜〜〜〜〜〜〜〜いいやん!
以上

・ブロークバックマウンテン
公開当時見に行ってから、10数年ぶりに見ました。
これも見た方がいい。
映画ぼやき / comments(0) / -
10年でもなんでもないですが、meさんのまね。
続きを読む >>
映画ぼやき / comments(0) / -



各所で話題になっていたので。

なんと息苦しい作品なんでしょう。毒にはなり得るけど、薬にはならない。感動もしなかった。でも、面白くないわけじゃない。音楽ってこんなに素晴らしい!なんて思わせる話でもなく、感動する人間ドラマでもない。努力は必ず実るよ!でもないし、努力が素晴らしい!でもない。だって、結果が良いか悪いかは、全部フレッチャーが決める。
このジジイがマジで手ごわい。優しくしといて、体罰与えて、ちょっとしおらしくなったかなと思いきや、最後の最後までジジイはジジイ。もはやサイコパス。ラストのラストの本当にラスト、やっと同じ土俵に上がれたかな(主人公も我々も)という感じ。「だから何なんだよ!」と思う人もいるかも。でも、面白いと感じてしまったのは、なぜだろうなー。

フレッチャーが魅力的だからか、主人公の調子に乗る性格に自分を重ね合わせてしまうからか…やっぱ最後の最後の演奏シーンなのかな。

主人公のライバル的立ち位置の学生が「フレッチャーは口が悪いだけ」って言ってたけど、そう思えるのは幸せなことなんだろうなー。主人公も客もその魅力に引き寄せられてしまう…これDVから逃げられない心理に近いかな…

主人公の「調子に乗ってると痛い目合うよ…ほら、そこでにやけちゃだめだよ…にやけてんじゃねーよ!」っていう雰囲気が、またいい感じでした。ホラー映画で「そこで気抜いちゃだめだよ…後ろからくるよ…ほらきたよ!!!」っていう怖さと同じ。
ただ彼女の切り方とか、最後の振り切って勝手やっちゃう感じとかは思い切りがあって良かった。

また半年後とかに見直すかな…サントラは欲しい!ジャズドラムに興味でてきたー


あと、昔見た「4分間のピアニスト」(http://samurai-girl.jugem.jp/?eid=1635#sequel)を見返したくなった。
映画ぼやき / comments(0) / -
今更、「おおかみこどもの雨と雪」を観た。美しいし感動するけど、それ以上にとやつくお話でもあった。事前に懐疑的な声も読んでたからかもしれないけど、美しすぎてあまりにもファンタジーだった。雨と雪の母である、花という人物の素晴らしさが。

続きより、ネタバレを含みます。
続きを読む >>
映画ぼやき / comments(0) / -
代償がない人魚姫みたいでした。
映画ぼやき / comments(0) / -
ハリー映画行きました。すっごいよかったです。映像でしかも3Dで観れて本当によかったな。

魔法ってすごい。色んな物語に魔法は出てくるけれど、どれも意味合いと役割が違うのが面白いです。ハリーにおける魔法ってこういうことか、と思いました。

あと持つべきものは仲間でありつながりであり人脈であるということ。繋がりの積み重ねが自らを助けるんですね。だから自ら繋がりを拒んだり断ったりすることって怖いと思いました。大変だし疲れるけど、怠ってはいけない。

シリーズには物凄いはまったのに、主人公があんまり好きになれなかったのも不思議な作品です。いい作品に出会えてよかったです。また読み返そう。
映画ぼやき / comments(0) / -
本当は、レザボア・ドッグス→トゥルーロマンスorイングロリアス・バスターズとタランティーノ縛りで続けたかったんだけど、大学の図書館に無かったので、それらはどっかでレンタルして見る。

で、ヒッチコックも気軽に見れるぞーってことで『裏窓』

はぁもうグレース・ケリーの美しさ…(´Д`*)
映画ぼやき / comments(0) / -
60分からが本番
続きを読む >>
映画ぼやき / comments(0) / -
/ 1/13 / >>