たちばな

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -

ずどーん……
読んだらもう妥協できなくなりました。そして年上以外無理、と思いました。

どうしよう、価値観が変わってしまったかもしれない。

読書ぼやき / comments(2) / -
- / - / -
Comment








読むのはやっ!!
でも海江田先生のような年上に愛されるのは、経済的にも仕事的にも自立できている人だと思うのです。というか、そういう人じゃないと、張り合いが無く勿体無い。
まぁ相手が素敵年上であろうと無かろうと、今の時代女子は自分で食っていく基盤を作らなくては生きていけない。
この漫画を通して、そんなことをひしひしと感じました。
(このノリで女性関係の授業をとってしまい、現在苦しみ中)

個人的に好きなのは、先生がネックレスを探しに行くシーンです。あの背中に頼りたいです(これが父性を求めるが故の感情なら、スガシカオの『潔癖』に通じるものがあると思います。)

以上、酔っ払いの戯言
posted by me / 2010/10/11 1:45 AM /
確かに。自分の思いや理想の一方、相手にとって自分はどうなのかという視点が抜けていた。いい人を見つける以上にいい女になるのは難しいのだろうな。(いや、いい女になれればいい人も見つかるのか…?)
女子だけでなく、今の時代は家族にも国にも社会にも頼らないで生きる覚悟がないと生きていけないよね。守ってもらうから戦って勝ち抜くへ。しんどいけど現実見ないと、と最近思った。これは結婚とは少しずれてるかもしれないけど。

落ち着いて考えるとこれからの生き方の参考になったな。結婚すると自然に幸せなるっていう幻想が砕けてよかった。
posted by as / 2010/10/25 1:54 PM /
<< NEW / TOP / OLD>>