たちばな

                   
1.キミとセカイ
(2010年/「ピンキージョーンズ」カップリング)
挑戦的な歌詞とMVが印象的な1曲。
同時期の「ピンキージョーンズ」「ココ☆ナツ」と比べると、だいぶ攻めており、この頃からカワイイだけじゃないももクロの魅力を垣間見ることができます。
ただ、歌詞の内容は上の2曲よりも"恋する乙女"で、合いの手も可愛らしいです。
ダンスはそんなに激しくはありませんが、「わたしのなか〜のぞいてみて〜」とサビの「君とならせかい〜」の手振りが好きです。

2.Z女戦争(おとめせんそう)
(2012/5th DIMENTHION収録曲)
相対性理論のやくしまるえつこの作詞、作曲で話題を呼んだ曲ですね。最初にMVをみた時は、またやらかしたな…と思いました。
歌詞がやくしまるえつこワールド全開。細かいところ突っ込んだら負け!、とりあえず何かと戦ってるんです、みんなのために。
戦いつつも、「本当は誰かに甘えたい そっと優しくされたい」だって女の子だもん!週末ヒロインの辛さが胸にしみます…いつもは女学生、でも放課後は戦士という、80〜90年代の少女アニメのようで、懐かしくてテンション上がりますね。
ダンスも全身を大きく使う動きが多く、手振りも印象的です。「リンリンリン…」から始まる部分は真似しやすくて好きです。
MVは「ねぇ委員長…」のあーりん、掃除サボるの見逃すレベルでかわいいです!衣装の耳もかわいい(^o^)

3.気分はSuper girl!
(2009/入口のない出口収録曲)
「世界中見せつけたいくらい夢中 気分はsuper girl!」という出だしがかっこ良い!
ダンスは、最初の\(^o^)/からの流れが好きです。しおりんの手脚の長さが際立つ。
アルバム「入口のない出口」の8曲目なんですが、ここから15曲目の「きみゆき」までいつもリピートしてしまいます…
※ちなみに12曲目「words of the mind -brandnew journey-」の作詞は、motsuさん。motsuさんのグループのカバー曲です。あかりんのラップが聴けるよ。

4.仮想ディストピア
(2013/5th DIMENTHION収録曲)
アルバム曲ですが、シングルカットしても良いくらいの曲。
アルバム前トラックの「無限の愛」から、この曲への入りが最高に良い!
音程外しそうな出だし、二重奏のサビ後半など技術的にも(できているかどうかは別として)ハイレベルになっていて、ももクロの進化を感じます。
複数人でカラオケしないと物足りないないでしょうね…

5.行くぜっ!怪盗少女
歌詞→コール→ダンスの順で覚えましょう

他にも…
ダンスを覚えると楽しい:ワニとシャンプー、chai maxx
コールを覚えると楽しい:ピンキージョーンズ、CONTRADICTION
MVが楽しい:サンタさん

今回は「キミとセカイ」ぽいので考えたので、アップテンポの曲ばかりですが、「きみゆき」「灰とダイヤモンド」などゆったりとした曲もありますので、聞いてください。
また、アルバム収録曲を中心に選びましたが、アルバム未収録の曲にも良いのがあるので漁ってください。

以上。
音楽ぼやき / comments(0) / -
- / - / -
Comment








<< NEW / TOP / OLD>>