たちばな

                   
小難しい哲学書だと思い込んでいたけど、SFだった。
ただSFというと『星を継ぐもの』があまりにも面白く、読んでいて満足感が得られた作品だっただけに、本書は明確にハッピーエンドでない(というか、話の中の問題提起の回答がない)ため、「ちょ〜〜面白かった〜〜!」という爽快感がない。
そういった回答がない点では、哲学書に近いのか。
『ブレードランナー』の原作であることも初めて知った。観てみよう。
読書ぼやき / comments(0) / -
- / - / -
Comment








<< NEW / TOP / OLD>>