たちばな

                   

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -


古典の大切さと読書の一方法を提案した一冊。軽く読めて古典読む気も起りました。99選のうち3分の1くらいは卒業までに挑戦したいところです。
読書ぼやき / comments(0) / -
・地元の美術館の平常展
美術系授業のレポート用に。見た時は単に心惹かれたからって選んだ作品でも、調べてみると有名な人だったり私が思ったのと違う文脈が隠されていました。作品背景を調べたのは初めてだったので、面白いと思いました。

・「祈りの絵」展
絵画教室の先生が贔屓にしている美術館の出張版でした。だから他の美術館より思想的背景が分かっていること、「戦没画学生」の絵を集めている特殊性でいつもの展覧会とは私にとっては館長さん・美術館との近さが違います。ただ、美術館側の意図に沿う必要もないのではないかと思い、単に作品の好みだけで鑑賞してみました。同世代でこんな絵が上手いんだーという感想を持つように、作者側の「戦争」という事情を排除しようとして見ました。それはそれで面白かったです。けれどやっぱり作品には作者の事情も考えるべきなのでしょうか。テクスト論、「作者の死」あたりの考え方に共感している身としては悩ましいです。

・三浦しをん『天国旅行』
三浦 しをん
新潮社
発売日:2010-03

最初は『カラフル』に次ぐ「自殺を実行する前に読みたい1冊」か!?と思いましたが、途中から怖い感じに!なので自殺を決意しても多分読みません。しをんのこういう系統の本(『秘密の花園』とか『むかしのはなし』とか)はあんまり好きじゃなかったのですが、文章が上手くなったと思いました。濃くなりました。情念って、ひとりよがりって、怖いです。陥りたくないです。

・Brown Eyed GirlsのSignがかわいい!!
読書ぼやき / comments(0) / -
仕事力―青版
仕事力―青版
書き留めたい言葉がたくさんありました。

超訳百人一首 うた恋い。2超訳百人一首 うた恋い。2
相変わらずときめきました。

ソフトウェア開発者採用ガイドソフトウェア開発者採用ガイド
アメリカの考え方と社会が日本と違うとこと同じようなとこがあると知りました。あとはIT業界の何となくの雰囲気が分かったような。

あとはライトノベルを少々。文章ってその時の自分の状況を引き出して読ませる力があるから、いつ何を読んでも面白いのだなあと思いました。そして小説には特にこうなりたい!っていうモデルが出てくる。戦う女子、かっこいいです。
読書ぼやき / comments(0) / -





最近読んだ本と、読みながら考えたこと。下の『若者たち』は、久しぶりに没頭した本でした。私みたいに表紙と「夜間定時制高校」という言葉に抵抗を覚える人ほど、読んだら感じることがすごく沢山あると思います。
続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
狼と香辛料〈16〉太陽の金貨〈下〉 (電撃文庫)

ここ数年で1、2を争う傑作でした。
続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
問題解決トレーニング (East Press Business)
問題解決トレーニング (East Press Business)

就活用に読んだ1冊。思考の筋道の一例を紹介した本です。だから実践しないと仕方ない。自分の目標に近づきたいなら、この本で得た思考の道筋を生かして、達成のためにベストを尽くさなきゃ!と思っています。
読書ぼやき / comments(0) / -
ピカ☆イチ3月7日発売キター!!

4月はテケテケ2巻発売だしな。

聖兄も続き読みたいし

7日は本大量買いですな!!
読書ぼやき / comments(0) / -
荒川のノリがちょっと苦手だったので、これはどうかしらと思ったら、結構イケた。
読書ぼやき / comments(0) / -
新書が苦手と思う理由は、小説のようにさっさと読めないからだということにようやく気付きました。知識が増えて著者の言う概念がさっと理解できるようになれば小説並みのスピードで読めるんでしょうね。ライトノベルが軽くて楽なのはページ数も短いし(私が読むのは)内容もそこまで込み入ってないからでしょうか。
追記に最近読んだ4冊。
続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
『このマンガがすごい 2011』がでましたね。
女編、ヤマシタトモコ『HER』だそうで。2位もヤマシタトモコ『ドントクライ、ガール♥』だそうで。
まぁ、どんなマンガがすごいかなんて人それぞれだしね。だいたい、すごい、ってなんだって話だしね。

ちなみに、私が今年すごい、というか一番だと思ったのはいくえみ綾『清く柔く』最終巻です。



以下、最近読んだ漫画たち。4冊
※どんな漫画でも耐性がある人はどうぞ

続きを読む >>
読書ぼやき / comments(0) / -
<< / 2/24 / >>